帯状疱疹痛


こんにちは!院長の後藤です

今日は帯状疱疹についてです。

 

「背中から脇腹にかけて水疱ができた」

「帯状疱疹になったあと、水疱ができたところがピリピリと痛む」

「お尻から太ももの後ろにかけて痛い」

「病院での治療と併用して帯状疱疹の治療をしたい」

 

といったことで、お悩みはありませんか?

来院された患者さんにも「腰がピリピリ痛むので・・・。」ということもありました。

 

帯状疱疹の原因は「水痘・帯状疱疹ヘルペス」というウイルスが、体の中で再活性してしまった

ことが原因です。再活性の原因は、体の中の何らかの理由で免疫力が低下してしまったことが原因

です。低下する理由には、疲労、睡眠不足、ストレス、食事といったことがあげられます。

 帯状疱疹は、あまくみていると神経の炎症が進み、筋力低下や帯状疱疹後の神経痛といった症状

が残ることがあります。そうならないためにも、早めの治療と治ったあとも2~3ヶ月は治療を継

続することをオススメします。

 

第1選択は、皮膚科にいくことです。発症時には、炎症をとめることとウイルスの活性を抑えるこ

とが必要です。上記のような症状があったり、帯状に水疱が出るようでしたらまず最初に病院に

いって下さい。そこでお薬と併用して物理療法をおこなっていくといいです。

 

当院ではペインクリニックでも使われている「スーパーライザー」という機器や「鍼灸治療」で

帯状疱疹後の痛みに対して治療をおこなっております。

神経は、動脈や静脈を一緒にかかえて体の中を走行しており、神経がウイルスにやられるとそこに

痛みの物質が滞ることになります。それが浮腫を起こし血流を悪くし痛みの悪循環ということを引

き起こします。

これらの治療法は、血流を改善し痛みの物質を洗い流してくれます。そのため神経を再生するため

の栄養も運ばれることになり治癒を高めてくれます。結果的に後遺症である帯状疱疹後神経痛を防

ぐことが期待できますので、治療は早くからおこなうこといいです。痛みも強く不安になることも

あると思いますが、良くしていこうという気持ちも治療効果を高めてくれます。

ご家庭ではお風呂にゆっくり入って温めたり、リラックスすることもいいです。

 

何かご質問がございましたらお気軽にお問い合せ下さい。

 

「お問い合せはホームページを見て・・・」

といっていただけるとご予約がスムーズです

 

TEL:03-3334-7834

〒168-0082 東京都杉並区久我山4-2-2

【月~金】 9:00~12:30 / 15:00~20:00
【土・祝】 9:00~12:00 / 14:00~17:00
※日曜日・第4土曜日の午後は休診

http://hms-ishizuka.com/