0歳~2歳児の靴の選び方


こんにちは。

院長の後藤です。

突然ですが、0歳~2歳児の靴の選び方って知っていますか?

仕事柄、私も靴選びには興味がありました。

そもそも、0歳児~2歳児がどのくらい成長するかしっていますか?

こちらが私の息子の例です。(4/20の時点で2歳4ヶ月)

20160404_004448

 

どうですか?

1年間で

身長10.8㎝

体重2.3

これってすごいですよね?

これだけ成長するので足も大きくなります。

記録は無いのですが、アサヒシューズのパンフレットを参考にすると

足長は約1.5㎝変わります。

4ヶ月で0.5㎝ずつ!驚異的です!なのでこの時期は4ヶ月に1度靴を購入することになります。

『4ヶ月に1度っ!』と信じられないと思いますが、

子供の足は柔らかく多くが軟骨できているため、足に合わない靴を履いていると変形はおきやすいです。

少し大変だと思われますが、この時期の子供のためには足に合った靴選びが大切になります。

(先日のスタッフのブログを紹介しておきますhttp://hms-ishizuka.com/blog/1149/

 

そこで今回は靴選びのポイントです。

私なりに簡単にまとめてみました。

 

☆「ファーストシューズは足首まで固定出来るものを選ぶ」

☆ベルトはしっかりと締めて足が靴の中で動きすぎないようにする」

 20160401_06274720160401_062827

こんな形のものです。

しっかりとベルトを締めることによって足首が安定しない子供に変形を起こさせないようにします。

また締めることによって子供の歩きも安定します。 

安定感を見るには、実際に子供の歩き方をみるといいです。歩いた時に足首のあたりがクネクネするようなら

足首までの靴を選ぶと良いでしょう。         

 

靴を履かせる時はかがとをトントンする」

  20160401_06300320160401_062934

子供に覚えさせる時は、「ヒノノ2トン、トントントン~♪」というと良いでしょう。

アサヒシューズのけんこう君シリーズでは、踵にひもが斜めにずらして付いているため、

子供も操作しやすく上手に履けるようになります。

このこだわった作りでコストは上のアシックスのようなまっすぐな踵のひもに比べると3倍かかるそうです。

高いですが、子供の自分で出来るという気持ちを育てるという事を考えるとコスト高も納得です。

 

☆「靴の大きさはインソールを取り出して子供の足に合わせる。インソールが子供の一番長い指より約8㎜くらい長いものがいい」

靴屋さんで選ぶ時は、インソールを取り出して子供の足にぴったりと合わせます。

あんまり難しい顔をして合わせていると、店員さんもその道のプロと思って近づいて来ないので注意です。

個人的には5㎜でもいいと思います。

 

☆「靴下には滑り止めが付いていないものを履かせる」

これは、私も指摘されて納得したのですが、滑り止めが付いていると靴の中で指が丸まってしまうそうです。

なので靴下は滑り止め無しで選ぶといいでしょう。

 

当院にも子供用の靴や大人用の靴を置いてあります。アサヒメディカルシューズ取扱店なので、スタッフ全員が研修を受けていますので

お気軽にご相談下さい。

高井戸・三鷹台・富士見ヶ丘・千歳烏山でお困りの方なら
久我山ほがらか鍼灸整骨院

マッサージ・整体・鍼灸
http://hms-ishizuka.com/
〒168-0082東京都杉並区久我山4-2-2
TEL:03-3334-7834
E-mail:kugayamahogaraka03@gmail.com
【月~金】9:00~12:30/15:00~20:00
【土・日・祝】9:00~12:00/14:00~17:00
※第4土曜日の午後は休診
※日曜日は休診日もあります