妊娠中のお腹の張りには・・・


こんにちは!

院長の後藤です!

昨日はすごい雨でしたね。

でも今日は一転して良い天気!気持ちいいですね!

さて、今日は妊娠中のお腹の張りについてです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

妊娠8ヶ月

初めての出産まであと数週間

この時期にお腹の張りが強くなり、病院を受診したなんて

経験がありませんか?

妊娠8ヶ月になるとお腹もかなり出てきて赤ちゃんも2000gを

超えてきます。羊水を含めればお母さんの腰にかかる負担は

かなりのもです。そうなると、お腹の張りが強くなり、痛みも感じます。

あまり張りが続くと切迫性といわれ、「自宅でゆっくり過ごして下さい」

なんてお医者さんから言われるものです。

 

こんな時に症状を軽く出来るのが、鍼灸治療や産前治療。

筋肉の緊張を緩和でき気分も晴れやかになります。

下肢の血流を増やすことは、子宮内の血流も増やすことになり

赤ちゃんのベットもポカポカ暖かい過ごしやすい環境になるものです。

当院では、そういった妊娠中のお母さんのための治療もおこなっています。

受付には、出産経験した受付スタッフも多数います。

お気軽にご相談くださいね。

 

お問い合せの際は、「ホームページを見て」と

いっていただけるとスムーズです。

 

久我山ほがらか鍼灸整骨院

http://hms-ishizuka.com/

〒168-0082 東京都杉並区久我山4-2-2

TEL:03-3334-7834

E-mail: isizukaharikyu@ybb.ne.jp

【月~金】 9:00~12:30 / 15:00~20:00

【土・日・祝】 9:00~12:00 / 14:00~17:00

※第4土曜日の午後は休診

※日曜日は休診日もあります