腰痛治療なら久我山で15年(H29年度)

医療従事者も多く通う当院にご相談下さい。

 

・医師から手術を進められているが手術はさけたい

・手術をするほどでもないと言われたがつらい

・湿布や痛み止めを処方されたがあまり改善しない

といったことはありませんか?

当院の施術者は、年に1回の国家試験を突破したプロの施術者です。

根本治療を考えているなら当院にご相談下さい。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当院の腰椎椎間板ヘルニア治療

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当院の治療方針は、根本治療を目指しています。

その為、初診の場合は検査や問診で時間がかかりますので

ご了承下さい。

 

症状が1回で良くなる方もいらっしゃいますが、基本は

何回か治療をしているうちに改善してくる方が多いです。

その為、定期的な通院をご提案させて頂いています。

場合によっては、状態がひどい場合は続けて治療して

行くことを提案することもあります。

 

治療は、椎間板ヘルニア専用の体操を指導し

骨盤矯正・骨格調整をしていきます。

また神経痛が出ている場合には鍼灸治療を併用します。

場合によっては高濃度酸素オイルも使用して

痛みの緩和をしていきます。

鍼が、苦手な場合には言って頂ければ

近赤外線治療器(スーパーライザー)や超音波治療器

といった温熱治療器を使っていきますのでご安心下さい。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

椎間板ヘルニアとは

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

腰骨には5つの椎骨があり、それぞれの間には椎間板と言われる

繊維軟骨があります。この椎間板の中心部には、髄核という

ゼリー状の物質があり、重力に対して緩衝剤の役目をはたしています。

椎間板ヘルニアは、この髄核が

・外に飛び出してしまった状態

・中心部より移動した膨隆した状態

を言います。

飛び出してしまった物が、神経に触れたり圧迫を

起こしてしまうために痛みや痺れとなって

症状に出てくると言われています。

しかし、MRI所見で髄核が飛び出していても

実際は何の症状がない人も存在します。

その為、髄核が飛び出した事が、必ず原因とは言い切れません。

現在は、手術による治療は排尿障害や歩行障害が出ていない限り

保存療法が一般的です。

手術で悩んでいる方や湿布や飲み薬で改善しなかった方でも

当院の医療で良くなっている方も多くいます。

お気軽にご相談ください。

全力でサポートいたします。

 

お問い合せの際は、「ホームページを見て」と

いっていただけるとスムーズです。

 

久我山ほがらか鍼灸整骨院

http://hms-ishizuka.com/

〒168-0082 東京都杉並区久我山4-2-2

TEL:03-3334-7834

E-mail: isizukaharikyu@ybb.ne.jp

【月~金】 9:00~12:30 / 15:00~20:00

【土・日・祝】 9:00~12:00 / 14:00~17:00

※第4土曜日の午後は休診

※日曜日は休診日もあります

 

 

 

一覧

椎間板 -

関連記事

久我山神社祭り(2017)

先日、10/14,10/15に久我山神社祭りがありました。 全国から人が集まり大いに盛り上がったようです。 なかなか勤務...

10月の日曜日診療

こんにちは。 院長の後藤です。   すっかり秋めいてきましたね。 気温も低くなり寒くなってきましたが、 明日は...

秋バテ

こんにちは! スタッフの上田です。 皆さん、もう少しで9月が終わり、少しずつ寒さが出てきましたね。 季節の変わり目で...

シンスプリントって??

こんにちは。 スタッフの横山です。   今回はシンスプリントについてお話したいと思います。 最近、当院でもシンスプリント...

「腓返り」ってなんて読むの?

~こむら(腓)とはふくらはぎのこと・・・~   就寝中に急にふくらはぎが「ぎゅー」となり「イタタタタッ!!!!...