久我山で開業15年周年(2017年現在)

当院は、施術者全員が国家資格を取得したプロの集団です。

久我山で数多く方々の悩みに相談に乗ってきました。

あなたの悩みにも期待に応えられるかもしれません。

諦めないでください。

野球肩について当院の治療方針を書きましたので

参考にしてください。

 

投球練習の繰り返し、及び投球数が多くなることにより発生するものです。

小学生や投球フォームの問題や筋肉量不足の問題もあるため

しっかりと調整していく事が大切です。

 

病院では、主に消炎鎮痛のシップや安静が主な治療法となりますが

外来のリハビリ施設を持っている病院では、理学療法士による運動療法などが

行われるようです。

 

当院では、投球フォームの問題をみて指導をさせていただくほか、

投球による疲弊した筋肉を中心に回復させていきます。そのため、

手技による治療のほか、運動療法として肩回り筋肉トレーニング、鍼治療などを

して筋肉を柔らかくしていきます。そしてそのあとで、肩・肘・手首の調整を

していきます。

 

肩の痛みは、放っておくと強くなってくる可能性があるため、早めの治療を

お勧めしたします。

 

久我山ほがらか鍼灸整骨院
http://hms-ishizuka.com/
〒168-0082 東京都杉並区久我山4-2-2 
TEL:03-3334-7834 
E-mail: isizukaharikyu@ybb.ne.jp
【月~金】 9:00~12:30 / 15:00~20:00
【土・日・祝】 9:00~12:00 / 14:00~17:00
※第4土曜日の午後は休診
※日曜日は休診日もあります

 

一覧

野球肘 -

関連記事

筋肉1キログラムで増加でエネルギーは何キロカロリー消費できる?

こんにちは。   院長の後藤です。   サッカー日本代表!悔しい!でも頑張った!(川平風に) &nb...

7月の日曜診療日のお知らせ

おはようございます。 今日は蒸し暑いですね(笑) これだけムシ蒸ししてくると汗が蒸発せず 体の調整機能(自律神経)が上手...

湿邪による不調

こんにちは! スタッフの横山です。   今年も梅雨の時期になりましたね。 このジメジメとした梅雨の時期には何と...

無料貸し出しキャンペーン

こんにちは! スタッフの横山です。   前回ブログで紹介させていただいた39デザインマットレス 当院のベッドに...

GW(ゴールデンウイーク)やってます!

こんにちは! 院長の後藤です。   当院はGW中も休まず診療しています。   正確には28日は午前診...