久我山で開業15年周年(2017年現在)

当院は、施術者全員が国家資格を取得したプロの集団です。

久我山で数多く方々の悩みに相談に乗ってきました。

あなたの悩みにも期待に応えられるかもしれません。

諦めないでください。

五十肩について当院の治療方針を書きましたので

参考にしてください。

 

五十肩は、歳50歳を過ぎる頃に発症する人が多かったことから名前が付いた

俗称です。医療現場では、肩関節周囲炎といいます。

 

肩関節周囲炎は、腱板損傷や上腕二頭筋長頭炎、脱臼といったはっきりと原因が

わかる疾患ではなく、原因はわからないが「肩の周囲が痛み炎症している」

というものです。

 

病院での治療は、レントゲンを撮り肩の組織にその他以上がなければ

電気治療またはヒアルロン酸注射で様子を見ることが多いようです。

ただ、あまりにも痛みが強い場合にはステロイド注射をすることも

あるようです。ヒアルロン酸注射は週に1回で5回をワンクールとして

様子を見ます。そこで効果があれば続けますが、効果がなければやめる

ことが多いようです。

 

当院の治療

当院では、本当に肩関節周囲炎かどうかを見させていただきます。

その上で治療方針を決め、治療をしていきます。治療時期によっては

鍼だけの場合もありますが、拘縮(肩関節の動きが制限された状態)が

強い場合には関節可動域を広げることをしていきます。

肩関節は少なくとも5つの関節から構成されており、当院ではそのすべての

動きをみていきます。そのほか、首の関節や神経が関与していることもあり

しっかりとみていくことが大切です。

お悩みでしたらご相談していただければと思います。

一覧

五十肩(肩関節周囲炎) -

関連記事

第66話 枕草子

こんにちは! スタッフの横山です。   皆さんは最近良く眠れていますか? もし、眠れていないという方はなぜ眠れ...

R1年 5月の答え

こんにちは! 今月の問題はわかりましたか?   最近は小学生も見てくれるので嬉しいですね(笑)   ...

第648話”花冷え”

こんにちは! スタッフの横山です。   今年も桜が綺麗に咲きましたが皆さんお花見はされましたか? 私は目黒川に...

令和元年GWと4月の診療日のお知らせ

こんにちは! 桜が満開で気持ちの良い季節ですね。 最近は、入学式前に桜が散ってしまうことが多かったですが今年は新しい門出...

今月のクイズの答え

こんにちは。 先月のクイズ(知識編)はわかりましたか? 問題は パキスタンなど「~スタン」とは「~が多い場所」 という意...