久我山で開業15年周年(2017年現在)

当院は、施術者全員が国家資格を取得したプロの集団です。

久我山で数多く方々の悩みに相談に乗ってきました。

あなたの悩みにも期待に応えられるかもしれません。

諦めないでください。

腱板断裂について当院の治療方針を書きましたので

参考にしてください。

 

腱板断裂は、腱板構成筋肉である棘上筋・棘下筋・小円筋・大円筋のいずれかが断裂した状態をいいます。

特に棘上筋は、頻度が高いです。原因は、加齢による腱の変性、転倒などによる強い衝撃、外傷です。

このため、夜間通といって夜に痛みを感じ、寝れないといったこともあります。夜間は、痛みの感受性が

高まりやすく、皮膚温も低下し血流が少なくなります。また、重力による下方へ引っ張る力が寝ていると

働かないのでインピンジメント(挟みこみ現象)が起こりやすくなります。

腱板断裂は、完全断裂と不全断裂があり、完全断裂では手術による再腱が必要となります。

不全断裂では保存療法が一般的で、ヒアルロン酸注射や夜間通がある場合にはステロイド注射を

する場合が多いようです。

 

当院では

当院では、状態を見させていただき、手術が必要である場合と考えられるときには、詳しい検査が

必要となりますので病院をご紹介させていただきます。それ以外の場合には、治療方針をお伝えの上

治療をさせていただきます。治療法としては、運動療法・鍼灸・超音波治療といったことをしていきます。

なにかありましたらお気軽にご相談ください。

 

高井戸・三鷹台・富士見ヶ丘・千歳烏山でお困りの方なら
久我山ほがらか鍼灸整骨院
http://hms-ishizuka.com/
〒168-0082東京都杉並区久我山4-2-2
TEL:03-3334-7834
E-mail:kugayamahogaraka03@gmail.com
【月~金】9:00~12:30/15:00~20:00
【土・日・祝】9:00~12:00/14:00~17:00
※第4土曜日の午後は休診
※日曜日は休診日もあります

 

 

 

 

一覧

腱板断裂・腱板炎 -

関連記事

年末年始のお知らせ

こんにちは! 今日から12月ですね。 皆さんも今年は色々とありましたか? 私は長女が産まれて家族が増えました。 おかげさ...

12月の日曜日診療日

こんにちは! 院長の後藤です。 年の瀬が迫ってきました。 今年も残り少しですが全力で頑張っていこうと思います! 先日、さ...

久我山神社祭り(2017)

先日、10/14,10/15に久我山神社祭りがありました。 全国から人が集まり大いに盛り上がったようです。 なかなか勤務...

10月の日曜日診療

こんにちは。 院長の後藤です。   すっかり秋めいてきましたね。 気温も低くなり寒くなってきましたが、 明日は...

秋バテ

こんにちは! スタッフの上田です。 皆さん、もう少しで9月が終わり、少しずつ寒さが出てきましたね。 季節の変わり目で...