妊娠6ヶ月~7ヶ月はうっすらとお腹が出てくる時期です。

動きすぎるとお腹が張ってきたり、切迫性早産の恐れなどがあったりして

あまり体を動かせなくなることがあります。出産に向けて骨盤も広がり、運動不足により

筋肉も落ちてきます。

それが産後の

・くしゃみよる尿漏れ

・お腹に力が入らない

・骨盤低筋の低下

・腰痛

・O脚

・仙腸関節痛

等につながります。

産後の骨盤は1年かけて自然にもどるものですが、歪みやズレがあればそのままの形で戻ってしまいます。

その状態を防ぐためにも、産後の骨盤体操と骨盤調整をおススメめします。

産後少し落ち着いたあとの1~2ヶ月後ぐらいから始められます。

一般的に筋肉の生まれ変わりのサイクルは2~3ヶ月と言われていますので

(筋肉の超回復の性質を考え)出来れば週3回の治療、難しければ週2回の治療で

3ヶ月間くらいの続けられると良いでしょう。その後は月に数回だけメンテナンス治療

オススメします。

治療の頻度の例

週3回治療×1回

週2回治療×2回

週1回治療×4回

2週に1回×2回

月に1回(人によっては、定期的に身体をみてもらった方が調子が良い方がいるので回数は制限は無いです)

※治療頻度の目安は個人差があります。

 

当院では、産後の骨盤調整ボキボキするようなことはありませんのでご安心下さい。

調整は、全身のバランスみておこなっていきます。

単一の関節を調整してもどうしてもすぐに戻ってしまうからです。体は脊椎だけでも

97関節ありますから単一の関節を動かすだけでは足りません。体は有機的に繋がっていますから

全体を見ていく必要があり、必要な関節を調整していくことが必要になります。

そしてその調整した状態で筋肉を鍛えていくことで正しい位置で筋肉を鍛えて力をつけることができます。

筋肉は刺激が入ったあと、一時的に力が弱まります。しかし、その後超回復といわれる基あった状態より

少し上の力を持つことができます。そこで、また刺激を入れると筋肉は効率的に肥大していくのです。

なので、治療には多少頻度が必要になります。

骨盤底筋・体幹トレーニング・骨盤調整をおすすめします

 

 

一覧

産後骨盤治療 1,000円

関連記事

「腓返り」ってなんて読むの?

~こむら(腓)とはふくらはぎのこと・・・~   就寝中に急にふくらはぎが「ぎゅー」となり「イタタタタッ!!!!...

肩こりの意外な原因!?

こんにちは。 スタッフの横山です。   暑い日が続きますね・・・。 この猛暑で欠かせないのはやはり水分補給。 ...

睡眠不足は運動能力をさげるのか?

こんにちは スタッフの佐藤です。   題目にも書きましたが今回は 睡眠 について   スポーツ専門チ...

お陰様で15周年

こんにちは代表の石塚です(^o^)   お陰様でHMS鍼灸整骨院グループは本日15周年を迎える事が出来ました。...

やる気落ちてませんか?

こんにちは。 スタッフの横山です。   GWも終わり皆さん学校やお仕事毎日お疲れさまです。 GWが楽しすぎてなんかやる気...