院長 後藤 智大

高校時代に腰痛を患い、その時受けた鍼灸治療で劇的に改善したことが、この業界に興味を持ったきっかけです。

しかし、高校卒業後は大学に進学し野球をしていました。そして大学卒業後は、製パン会社に就職していました。

しかし、5年目を向かえようとした年に通帳を眺めて、貯金していた金額をみて決断しました。

もう一度、学校に入り直して鍼灸師をやってみようと。


社会人からの学生は新鮮で、今まで経験がしたことがないほど勉強しました。

それと同時にマッサージ屋やスポーツクラブでのアルバイトもし、夏休みにはアメリカロサンゼルスのサザンカルフォルニア大学の解剖学実習に二度参加したりするなど、とにかく必死になっていたと思います。

卒業後は、整形外科に務め、その院の閉院をきっかけに、久我山ほがらか鍼灸整骨院(いしづか鍼灸整骨院)にきました。

まだまだ未熟者ですが、日々成長し、学んだことが患者さんの役にたてるように、そしてそのことが、社会に貢献出来ていることだと思っております。

ブログ

今月のなぞなぞとに日曜診療のお知らせ

こんにちはー。 梅雨本番ですね。 今年は線状降水帯という言葉がよく聞かれます。 関東地方もこの線状降水帯にかかっているので 災害情報には十分気を付けていきたいと

こんにちは! 院長の後藤です。 今日は勝湿顆粒のご紹介です。   勝湿顆粒は「しょうしつかりゅう」と読みます。 勝湿顆粒は、その名の通り「湿邪に勝つ」

令和3年5月の日曜日診療のお知らせ(なぞなぞも)

こんにちは! 早いもので今年も5カ月目となりました。 今年は緊急事態宣言や蔓延(まんえん)防止等重点措置で 外出の自粛をされていますでしょうか?