こんにちは!

院長の後藤です。

今日は勝湿顆粒のご紹介です。

 

勝湿顆粒は「しょうしつかりゅう」と読みます。
勝湿顆粒は、その名の通り「湿邪に勝つ」という漢方薬です。


生薬は体の余分な水を取り除く生薬がメインになっていて

厚朴(こうぼく)
茯苓(ぶくりょう)
白朮(びゃくじゅつ)
で全身の水はけを良くしたり胃腸での水はけを良くして
全体を良くしていきます。


陳皮(ちんぴ)
生姜(しょうきょう)
紫蘇(しそ)
も入っているのでお腹の調子を崩した時にも使われます。
特に生姜は調和脾胃の働きです。
(そのほかに甘草や大棗があります)

漢方薬は、多くの生薬が混合しており西洋薬と
違いいろいろなところに総合的に作用します。

そのため1つの漢方薬でいろいろな症状に対応できます。

東洋医学ではこれは「証」と言ってその人の体質に
合わせて処方するというのが基本になります。

勝湿顆粒は、胃腸薬で食欲不振・悪心・嘔吐・胃腸
からくる風邪の症状といったものに使われますが、
四肢がだるい、

梅雨の時期の胃腸障害、食欲不振、
湿気によるだるさ)でも使用されます。

梅雨の時期に勝湿顆粒を是非試してみてくださいね。

 

味は、個人的には、お風呂屋さんでたまにある

漢方風呂の味が少しします。陳皮の味(みかんの皮)

が少し感じられるので結構いけますよ(笑)

 

 

https://business.google.com/u/1/posts/l/03552441108083386779

TEL:03‐3334‐7834

〒168-0082
 東京都杉並区久我山4‐2‐2

【月~金】 9:00~12:30
     15:00~20:00
【土日祝】 9:00~12:00
     14:00~17:00
※日曜日は休診のときもあります
※お子様連れ歓迎ネット予約する

 

LINEで予約が取れます

お問い合わせもお気軽に!

↓↓↓

友だち追加