腰椎すべり症なら久我山で17年(H31年度)

医療従事者も多く通う当院にご相談下さい。

 

・医師から手術を進められているが手術はさけたい

・手術をするほどでもないと言われたがつらい

・湿布や痛み止めを処方されたがあまり改善しない

・立っていると腰がつらくなってくる

 

といったことはありませんか?

根本治療を考えているなら当院にご相談下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当院の腰椎すべり症治療

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当院の治療方針は、根本治療を目指しています。

その為、初診の場合は検査や問診で時間がかかりますので

ご了承下さい。

症状が1回で良くなる方もいらっしゃいますが、基本は

何回か治療をしているうちに改善してくる方が多いです。

その為、計画的な通院をご提案させて頂いています。

状態がひどい場合は続けて治療して行くことを提案

させて頂くこともあります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

腰椎すべり症とは?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

腰椎すべり症は、1つの椎骨が尾側の椎骨に対して前方に

すべった状態をいいます。一般的に第5腰椎のすべりが

多いです。

主な原因は、

 

①先天的な形成異常

②腰椎分離すべり症

③椎間板・椎間関節の変性

④外傷性

⑤悪性腫瘍・感染による病的なもの

 

といったものです。スポーツや一般的な運動で痛くなるものは

腰椎の安定性のなさが原因になることが多いようです。

これには腹筋をはじめ体幹の筋肉不足が共通して見られます。

治療では、体幹筋力トレーニング、すべってしまった腰椎の

調整が必要となります。

 

整形外科ではレントゲンで確定診断をした後、

牽引や電気治療が一般的です。

あまりひどくないと言われたが症状が残って

お困りの方は一度ご相談下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当院の治療方針

 

当院では、痛みや神経痛などが伴う場合には

まず、症状の緩和を狙います。

一般的には電気治療や牽引といったように分離して

治療をおこなって多いようですが、当院では

鍼灸治療・整体・カイロ・運動療法といったあらゆる

側面から治療していきます。

その理由は、出現する症状には様々な要素があり、

どれか一つだけで解決することが難しいからです。

 

お困りの際はお気軽にご連絡ください。

 

 

一覧

腰椎すべり症 -

関連記事

今月のおすすめ漢方R6.3月

皆さんこんにちは! 今月のおすすめ漢方のご紹介です(*^-^*)   今月のおすすめは「木鶏丹」です! &nb...

今月のなぞなぞR6.3月

皆さんこんにちは! 今月のなぞなぞです(*^-^*)   「日/春」 これが表しているのはなぁに?  ...

退職のお知らせ。

皆さんこんにちは!スタッフの横山です。   年が明けて2024年が始まったと思ったらあっという間に3月になりま...

まだまだ寒い!!冷えには気をつけて!

皆さんこんにちは!   2月になりました。いくら暖冬とはいえ、寒さを身に染みて感じる季節になりましたね(>...

今月のおすすめ漢方R6.2月

皆さんこんにちは! 今月のおすすめ漢方のご紹介です(*^-^*)     今月のおすすめは「板藍根」...