『魚の目』(うおのめ)や『たこ』は、皮膚に対する圧迫や摩擦が、長時間集中する部位にできるといった特徴があります。

いずれも靴による圧迫や摩擦を受けやすい場所と考えられます。つまり、自分の足のサイズに合っていない靴を長時間履き続けている行為が、『魚の目』や『たこ』をできやすくしている主原因とみて、まず間違いありません。そのため、足に魚の目や〝たこ〟ができやすい人は、履いている靴を見直したり、中敷の厚みを調節するなどして、圧迫や摩擦が起こりにくくなるような工夫が必要です。

当院では、魚の目やたこでお困りの方に、メディカルフットケアをおすすめしています。ドイツ製のウォーターマシーンと専用器具で角質を取り除くと一回の施術で綺麗になり、足を着くだけで痛かったのが痛みなく歩けるようになります。しかしながら圧迫が加わるとまた再発してしまうので靴や中敷き(インソール)の改善が必要です。そういったご相談にもお応えいたします。

一覧

爪切り・タコ・魚の目

処置の部位、数により費用は異なります。

3300~5500円

関連記事

今月のなぞなぞと日曜診療日

こんにちは! 今週の金曜日に梅雨入りらしいですが 皆様いかがお過ごしでしょうか?   さて 今月のなぞなぞです...

こんにちは! 院長の後藤です。 今日は勝湿顆粒のご紹介です。   勝湿顆粒は「しょうしつかりゅう」と読みます。...

令和3年5月の日曜日診療のお知らせ(なぞなぞも)

こんにちは! 早いもので今年も5カ月目となりました。 今年は緊急事態宣言や蔓延(まんえん)防止等重点措置で 外出の自粛を...

花粉症治療開始しています

こんにちは。後藤です。   今年は暖冬で 花粉の量が多くなると言われていますが いかがでしょうか?  ...

婦宝当帰膠の飲み方】 こんにちは! 今日は婦宝当帰膠の飲み方について説明したいと思います。 この婦宝当帰膠は通常、1日2...