『魚の目』(うおのめ)や『たこ』は、皮膚に対する圧迫や摩擦が、長時間集中する部位にできるといった特徴があります。

いずれも靴による圧迫や摩擦を受けやすい場所と考えられます。つまり、自分の足のサイズに合っていない靴を長時間履き続けている行為が、『魚の目』や『たこ』をできやすくしている主原因とみて、まず間違いありません。そのため、足に魚の目や〝たこ〟ができやすい人は、履いている靴を見直したり、中敷の厚みを調節するなどして、圧迫や摩擦が起こりにくくなるような工夫が必要です。

当院では、魚の目やたこでお困りの方に、メディカルフットケアをおすすめしています。ドイツ製のウォーターマシーンと専用器具で角質を取り除くと一回の施術で綺麗になり、足を着くだけで痛かったのが痛みなく歩けるようになります。しかしながら圧迫が加わるとまた再発してしまうので靴や中敷き(インソール)の改善が必要です。そういったご相談にもお応えいたします。

一覧

爪切り・タコ・魚の目

処置の部位、数により費用は異なります。

3300~5500円

関連記事

手作りマスクはいかがですか?

手作りマスク
こんにちは、代表の石塚です。   新型コロナウイルスの終息の先が見えず、不安な毎日をお過ごしのことと思います。...

ジョギングエチケットについて

緊急事態宣言が出て皆さんも外出自粛をしていると 思います。不要不急といわれていますが、たまに 散歩やジョギングはOK...

身体のバリア(衛気)を高めよう!!(イスクラ衛益顆粒)

こんにちは! スタッフの横山です。   コロナウイルスの蔓延でついに緊急事態宣言が出されましたね。 感染症の研...

抜け毛が気になる??(漢方編)

抜け毛って普段気にしないですが、気が付くと 枕に毛が落ちているなど気になりますよね? 1日100本は抜けるものと言われて...

表情固まっていませんか?

当院では、コロナ対策の一環で 院内消毒・換気・手洗い・うがいなどに努めてまいりましたが 情勢を鑑みこの度、患者様...