『魚の目』(うおのめ)や『たこ』は、皮膚に対する圧迫や摩擦が、長時間集中する部位にできるといった特徴があります。

いずれも靴による圧迫や摩擦を受けやすい場所と考えられます。つまり、自分の足のサイズに合っていない靴を長時間履き続けている行為が、『魚の目』や『たこ』をできやすくしている主原因とみて、まず間違いありません。そのため、足に魚の目や〝たこ〟ができやすい人は、履いている靴を見直したり、中敷の厚みを調節するなどして、圧迫や摩擦が起こりにくくなるような工夫が必要です。

当院では、魚の目やたこでお困りの方に、メディカルフットケアをおすすめしています。ドイツ製のウォーターマシーンと専用器具で角質を取り除くと一回の施術で綺麗になり、足を着くだけで痛かったのが痛みなく歩けるようになります。しかしながら圧迫が加わるとまた再発してしまうので靴や中敷き(インソール)の改善が必要です。そういったご相談にもお応えいたします。

一覧

爪切り・タコ・魚の目

処置の部位、数により費用は異なります。

3300~5500円

関連記事

今月の日曜日診療のお知らせ

こんにちは。 新型ウイルスの感染が拡大しているようです。 暑さも最高潮になっていますが、乗り切る心 が大切でね。暑さを楽...

今月のなぞなぞ(2020.8)

こんにちは! 夏本番です。   暑い暑いといいながら夏を楽しんでいます。 最近ハマっているのは 炭酸水を購入し...

板藍茶、板藍のど飴 入荷しました!

こんにちは、代表の石塚です。  長らく欠品しておりました板藍茶、板藍のど飴が入荷しました(*^-^*) この商品は板藍根...

婦宝当帰膠-その⑤ 生理痛

こんにちは。ニーハオ。 ホータンチーターです。     今回は婦宝当帰膠その⑤ 生理痛です。 &nb...

婦宝当帰膠 その④(貧血その②)

こんにちは。 今日は婦宝当帰膠のその④です。   貧血とは血液が薄い状態。 ヘモグロビン濃度・赤血球数が基準値...