『魚の目』(うおのめ)や『たこ』は、皮膚に対する圧迫や摩擦が、長時間集中する部位にできるといった特徴があります。

いずれも靴による圧迫や摩擦を受けやすい場所と考えられます。つまり、自分の足のサイズに合っていない靴を長時間履き続けている行為が、『魚の目』や『たこ』をできやすくしている主原因とみて、まず間違いありません。そのため、足に魚の目や〝たこ〟ができやすい人は、履いている靴を見直したり、中敷の厚みを調節するなどして、圧迫や摩擦が起こりにくくなるような工夫が必要です。

当院では、魚の目やたこでお困りの方に、メディカルフットケアをおすすめしています。ドイツ製のウォーターマシーンと専用器具で角質を取り除くと一回の施術で綺麗になり、足を着くだけで痛かったのが痛みなく歩けるようになります。しかしながら圧迫が加わるとまた再発してしまうので靴や中敷き(インソール)の改善が必要です。そういったご相談にもお応えいたします。

一覧

爪切り・タコ・魚の目

処置の部位、数により費用は異なります。

3300~5500円

関連記事

旭山動物園に行ってきました!

こんにちは! 後藤です。 先日、夏休みを利用して旭山動物園に行ってきました。 気分もリフレッシュされて日々の仕事も エネ...

R4年8月16日午前は休診です。

お知らせが遅くなりました。 8月16日㈫ の午前中は休診 となりますのでご注意ください。 午後は診療しております。 よろ...

不眠について

今日は不眠の時に使う漢方薬のお話です。 熱帯夜が続いておりますが、それ以外に 次の ・寝つきが悪い ・夢を多く見る ・眠...

今月のなぞなぞ (R4年8月)

こんにちはー!後藤です。 うだるような暑さですねー。 洗濯物が乾いて乾いてうれしい毎日です。 ただ暑いと言っていてもと思...

今月のなぞなぞ(R4.7)

こんにちは! 梅雨が明けたかと思ったら梅雨戻りのような天気が続いています。 局地的な大雨もありますので道路の冠水などには...