『魚の目』(うおのめ)や『たこ』は、皮膚に対する圧迫や摩擦が、長時間集中する部位にできるといった特徴があります。

いずれも靴による圧迫や摩擦を受けやすい場所と考えられます。つまり、自分の足のサイズに合っていない靴を長時間履き続けている行為が、『魚の目』や『たこ』をできやすくしている主原因とみて、まず間違いありません。そのため、足に魚の目や〝たこ〟ができやすい人は、履いている靴を見直したり、中敷の厚みを調節するなどして、圧迫や摩擦が起こりにくくなるような工夫が必要です。

当院では、魚の目やたこでお困りの方に、メディカルフットケアをおすすめしています。ドイツ製のウォーターマシーンと専用器具で角質を取り除くと一回の施術で綺麗になり、足を着くだけで痛かったのが痛みなく歩けるようになります。しかしながら圧迫が加わるとまた再発してしまうので靴や中敷き(インソール)の改善が必要です。そういったご相談にもお応えいたします。

一覧

爪切り・タコ・魚の目

処置の部位、数により費用は異なります。

3300~5500円

関連記事

ピカピカ祭り抽選券当選発表と年末年始のご案内。

皆さんこんにちは! スタッフの横山です。   当院でも配布していた久我山ピカピカ祭り抽選券の当選発表がありまし...

美容鍼メニューが新しくなりました!!

皆さんこんにちは! 横山です。   当院の美容鍼メニューが新しくなりました!! 美肌コース 4400円 くすみ...

受付スタッフ募集中!!(土日祝限定)

  皆さんこんにちは! 久我山ほがらか鍼灸整骨院では受付スタッフを募集しております! 今回の募集は土日祝の限定...

脾気虚とは??

ちびまるちゃんの”山根くん”は脾が弱いひよわ(脾弱)とは?脾気虚を解説します

お灸で温活(*^-^*)

皆さんこんにちは! 横山です。   季節が一歩ずつ進み朝晩はだいぶ冷え込んできましたね。   急な気...